バリ島・クタのずっと行ってみたかった街スパ!『REBORN』

11月13日水曜日から11月18日月曜日の4泊6日でバリ島、スンバワ島トリップに行ってきました。
毎年勝手に恒例にした自分で自分の誕生日を全力で祝うサーフトリップです。


最終日、スンバワ島からバリ島に夕方4時に無事着いたので、ホテルに荷物を置いてマッサージへ。

クエストホテルクタからタクシーで5分、4万ルピー(¥320)で着いたよ。
『リボーン』

今まで来店した有名人?の方々。

受付はこんな感じ。

2時間コースで20万ルピー(¥1600)!!!

2時間コースは、
・2時間ボディマッサージ
・1.5時間ボディマッサージ、30分スクラブ
・1時間足つぼ、1時間ボディマッサージ
・1.5時間足つぼマッサージ、30分首肩マッサージ
の4種類から選べたみたい。

特に聞かれなかったからワタシは2時間ボディマッサージ。次回は1時間足つぼ、1時間ボディマッサージにしよ。

お会計は先払い。
マッサージが終わった後に、ジンジャーティーとフルーツ、フルーツジュースがもらえるんだって。
フルーツジュースは何がいいか聞かれて、バリ島でしか飲めないアボガドをチョイス。砂糖は入れるか、チョコソースはかけるか、細かいところまで聞いてくれる!

マッサージオイルも4種から選べる。¥1600でどこまで至れり尽くせり。

こちらの優しい雰囲気の女性が担当に。

焦げまくった足をキレイに洗ってくれて、

上のマッサージルームへ移動。
ここからは小声でしゃべるセラピストさん。

きちんと鍵もかけれて荷物も安心。

2時間も下手くそに揉まれたらどうしようかと心配していたけど、最高であっという間の2時間。

バスローブやタオルも合格ライン、シャワー室はまあまあな清潔具合。

終わったらジュースコーナーへ。

スイカもむくみがとれて良かったかもな。

大根みたいなパイナップルとスイカ。

ジンジャーティーちょっと苦手だったんだけど、ここのはすごくおいしい!

ミキサーにかける前のワタシのアボガドジュース。
アボガド3個分くらい入ってない?

ちゃんとふたもしてくれる!
めちゃ腹持ち良くて(だってアボガド3個だし)、マッサージで元気になってその後3時間ぶっとおしで買い物できました。


¥1600にチップ2万ルピー(¥160)でコスパ最高。街スパはタオルが汚かったり、60分なのに45分しかやってくれなかったりする所も多いけど。ここはそんな事もなく大満足。オイル選べるとかジュース選べるとか小技が憎いこのスパ。混雑している時間もあるので電話予約しておいた方が確実との事でした。あー、また行きたい。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性サーファーへ
にほんブログ村

バリ島での食事

11月13日水曜日から11月18日月曜日の4泊6日でバリ島、スンバワ島トリップに行ってきました。
毎年勝手に恒例にした自分で自分の誕生日を全力で祝うサーフトリップです。


ほとんどスンバワ島に行っていたのでバリ島で食事できたのは着いた日の夜と翌日の朝、最終日の夜だけです。
食べたいものたくさんあるのに。
今回は行った事ないお店に2軒行けました!


クタの『ワルンナンバ』
焼き餃子29,000ルピー(¥230)

写真撮り忘れたけど、他にもあんかけ焼きそば食べたり、どれもおいしかった。

バリ在住のみほさん、ゆかさん、スンバワ在住のあやちゃんと乾杯!
みなさんキュート!語学堪能、バイク運転できる、自立してる、すごいパワフルガールズ。
刺激的なガールズナイトでした。

泊まったホテルからも徒歩3分で、日本によくある中華のお店って感じ。ここは母と子供たちも連れていけそう。また行こうっと。

最終日の夜はみほさんのオススメの『ワルンナンバ』の斜め向かいの
『Mie Ayam Bakso Solo Remaja』へ。

ワタシ、ミーアヤム大好きなのよ。バリのラーメンって日本のラーメンみたいに量が多すぎなくて、あともうちょっと何か食べれるっていうサイズ感が好き。
味も好きだけど。

夜8時半過ぎ、店内満員。

店の軒先で作るスタイル。屋台のラーメン屋の後ろに座る席があるみたいな感じ。

麵が並んでる。
店員と思われる人に注文して、空いてる席に座ってくるのを待つスタイルらしい。

ミー(麵)とバクソー(肉団子に春雨)が選べるのかと思う。
今回は上から二番目の『Mie Ayam Bako』
14,000ルピー(¥112)安っ。

混んでたから10分くらい待った。
ゴロゴロ肉団子(バクソー)が二個と甘めの味付けの鶏肉とモチモチ中太麵。
鶏スープに甘めの肉の味付けが溶けた、なんていうんだろ、醤油ラーメンでもないし、強いて言うなら甘醤油ラーメンみたいな。優しい味。

古代いにしえの時代より使い続けていそうな瓶に入ったサンバルをかけてみる。
瓶の口のフチを見よ。

量は男性だったら絶対足りない。意識高い系女子にはおすすめの小盛サイズ。
周囲の人は麵に揚げせんべいプラスして食べている人多数。

自家製サンバルもあった!

キレイとはとても言えないお店なのでバリに通い慣れた方やローカルフード大好きな方におすすめ。うちの母とか子供とかにはちょっとおすすめできません。

 

楽しかった旅行もあっという間。泣く泣く帰りの空港へ。
前回も前々回もこのお店かわいいな、一杯飲むのに入りたいなと思っては値段にびびってスルーしてた空港内のバー『LAST WAVE』

ついに入ってやったぜ。充電できるし。

空港内だから高いっていうのもあるけど、それにしてもー、
赤ワイングラス118,000ルピー(¥940)!!
いつも買ってるセブンのヨセミテ赤ワインのフルボトルが2本買えちゃう、ね。
でもいいのよ、ラグジュアリーに飛行機乗る前にひっかけるのよ。

夜中の23時過ぎにポテチ食べる意識低い系。

帰国した日のお昼はいつも『三そば』の温玉そば。
だしだね、めんつゆだね。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性サーファーへ
にほんブログ村

 

スンバワ島・レイキーピークのサーフィンガイド

11月13日水曜日から11月18日月曜日の4泊6日でバリ島、スンバワ島トリップに行ってきました。
毎年勝手に恒例にした自分で自分の誕生日を全力で祝うサーフトリップです。


今年の2月に初めてスンバワ島・レイキーピークを訪れてその波の良さ、なんにもなくて素朴なところにすっかりはまってしまいました。

今回で3回目のレイキーピーク。サーフィンのガイドさんの事や波やこんな雰囲気だったという事を書きたいと思います。

といっても一回の滞在が3,4日なので長期ステイしたわけでもなく、おばさんサーファーとして楽しんで感じた事を書いているだけなので、それは間違ってる、そうは思わない、という方もいるかもしれませんが。あくまでワタシの感想文です。

『レイキーピーク』レフトもライトもあって、ハイタイドもロータイドもサーフィン可能なポイントがメインになります。
沖まで200メートルくらいあるので波が小さく見えても行ったらでかかったパターンあるあるポイントです。

普段千葉でしかサーフィンしないワタシには波をフィートでいうのはぴんとこない部分もあります。
わからないなりに入る前と入った後に波情報アプリ『MSW』で波の大きさとタイドは必ずチェックします。
3-4フィートなら入れるけどオバケセットは頭半だろうな、とか。
超でかかった。ピーク山じゃないの?5-7フィートだった、とか。
その程度のレベルですが、事前にチェックしておくだけである程度の心構えにはなります。

レイキーピークにドはまりした理由1にレフトの波に乗れるようになったってのがあります。
本当に嫌いで苦手で練習してこなかったんですが、ここのいい波で乗れるようになって大好きになりました。

もちろんズボりまくってます。写真では大した事なさそうに見えるけどこの日、ワタシには大きかったなー。
ワタシはピークでは待てなくて、ちょい端で小さいセットじゃないのを乗るスタイルです。今のワタシにはそれでもいっぱいいっぱい。
ピークで待つ人の条件は、パドルしたら必ず乗る、です。当たり前かもしれないですが。
やっぱ怖いからちょっと漕いだけど止めます!しちゃう人はダメです。なんでワタシはまだピークに行く資格はないんです。

前乗りも当たり前だけど、ダメ。
ライディングのじゃまもダメ。ドルフィンでくらっちゃって手前でむごむごしててじゃましてしまった事があって、めちゃ怒られました。

当たり前のルールだけど日本やバリだと、いいよー。なんて許してくれる事もここではピリっとしています。

レイキーピークがさく裂、クローズしちゃった時はバイクで南に30分の玉石のポイントもありました。
テイクオフがイージーでドキドキしないでいい波でした。人数もマックス10人ぐらい。

ドはまり理由その2の『ペリスコープ』。レギュラーの本当にいい波でした。

決まっちゃうとこんな波になっちゃうらしい『レイキーピーク』

ビッグウェーブとバレルを求めてやってくるサーファーが多いので、3-4フィートのハイタイド時なんかはみなさんあまりそそられないらしく。
逆にワタシにはちょいドキドキでよだれ出そうなシチュエーションを10人ぐらいで入れるのがどはまりポイント3かな。

そんなわけでバレル求めてやってくるような人たちはもちろんサーフィンのガイドは必要なくて。
でもワタシは安全に楽しくサーフィンしたいので友達に紹介してもらってお願いしています。

こんなロータイドの時に入るのも、途中までビーサンで歩いてタワーにビーサン置いて、そっからは歩きでこっからエントリーとか。
一緒に入ってくれなきゃワタシには無理。

レイキーピークローカルの『セミちゃん』
超寡黙なセミちゃん。サーフィン上手です。あまりにも乗れないと見かねてプッシュしてくれる。そのプッシュがまた絶妙で絶対ズボらないし、すんごいいい所から立てます。

ガイドがいないと海入れないといった事はないけれど、短期間の滞在でサーフィン楽しみたいならお願いした方がいいとワタシは思います。
船やバイクの手配、フォトグラファーの手配、帰りのビマ空港までの車のアレンジもしてくれます。

facebook:Sammy Samsudin

instagram: @sammy.samsudin.77

日本語はちょっとわかるぐらいなので英語でメッセンジャーがいいと思います。

もっと練習してちょっとずつでも大きい波乗りたーい!!


前にバリのガイドさんの記事も書いてた!『バリでのサーフィンガイドは必要?こちらも読んでね。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性サーファーへ
にほんブログ村