ギネス世界記録を更新!世界最大の波に乗った女性マヤ・ガベイラとは




たまーにチェックするsurflineのサイトに女性がデカ波に乗っている記事を見つけました。サーフ系のニュースだけでなく他ニュースにも多数ピックアップされていました。
肩頭サイズでもひーひーなのに。すごすぎる!

ギネス世界記録を更新!世界最大の波に乗った女性マヤ・ガベイラとは

ブラジル人女性サーファーのマヤ・ガベイラは、2020年2月のナザレで73.5フィート(約22.4メートル)の波に乗り、ギネス世界記録を更新しました。これまでの世界記録は、2018年1月ナザレでの68フィート(約20.8メートル)でこちらもマヤ・ガベイラが出した記録です。

波のサイズ22.4メートルと言われてもぴんと来ませんが、マンションの高さで7階か8階ぐらいだそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Guinness World Records(@guinnessworldrecords)がシェアした投稿

(9/10 ギネス世界記録のinstagramより)

’’この波は『WSLナザレトウサーフィン』のコンテスト中のことでした。私はコンペ向きの性格ではありませんが、この日はいつもよりゾーンに入っていて勇気を持っていました。私はいつもより危険を感じていました。 (ジェットスキーの)ロープを放した時何かを感じましたが、確信が持てませんでした。 ものすごいスピードと、波が崩れた時の音を聞いて、これがおそらく私が乗った中で最大の波であることに気づきました。”マヤ・ガベイラは語りました。
surflineより

マヤ・ガベイラプロフィール

1987年4月10日生まれ現在33歳。ブラジル人女性プロサーファー。リオ・デ・ジャネイロで14歳でサーフィンを始め、15歳で試合を回り始める。2004年17歳でオーストラリア在住時にプロ資格を取得。同年世界クラスの波でサーフィンをするためにハワイへ移住。すぐに世界トップの女性ビッグウェーブサーファーとして浮上し、マーベリックス、ワイメア、トドスサントス、南アフリカのサメが蔓延するダンジョンなどのチャレンジングなポイントでの試合に参戦。2007年から2010年まで4回連続でビラボンXXLグローバルビッグウェーブアワード受賞。2008年、アラスカ海、カリフォルニアのゴーストツリーとタヒチのティーフーをサーフィンした最初の女性になる。2009年、ESPYアワードで最優秀女性アクションスポーツアスリートを受賞。2010年、ティーンが選ぶ最優秀女性アクションスポーツスターを受賞。2012年、ビラボンXXLグローバルビッグウェーブアワード5回目の受賞。
2013年10月、ナザレの巨大な波でサーフィンしている時に意識を失い、溺死寸前。仲間に助けらた後に病院に運ばれる。2015年ナザレで再びサーフィン。2018年1月、ナザレで68フィート(20.8メートル)の波をサーフィン。女性サーファーがサーフィンした最大の波としてギネス世界記録される。2020年2月、WSLナザレトウサーフィンコンテストで最大の波73.5フィート(22.4 メートル)でサーフィン。自身の持つギネス世界記録を更新。

山のような高さの波を攻めているとは思えないキュートなルックスです。

参考:マヤ・ガベイラ公式サイト

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性サーファーへ
にほんブログ村