2年前は大好きな【バリ島】だったのにな~。「あきらめモード」おばさんが出来あがるまで




 

 
毎年2月に母と妹と子供たちと大好きな【バリ島】やしの木に行くのが
恒例だったのに。
 
これは最後に行った2年前のバリ。
2年前の2月は「コロナ」なんて単語がポツポツ出始めて、
帰国してから、
「コロナ」「感染」「緊急事態宣言」~~~~
2年後の2022年今に至る。

 

 

来年は行けるかも?

この冬には行けるかも?

淡い期待とワクワクもことごとく打ち砕かれ…

 

 

会社や組織に所属してないフリーランスの人が

【バリ島】トリップ、コロナ禍でもできますよ。

的な投稿を見ては、

内心くっそーと思い。

なぜかそういう投稿は「あなたもやったらいいじゃない?」

なニュアンスが含まれている(気がする…)

 

そうね、

やりたいけど、

会社、子供の小学校、これがある人には

帰国後の経過観察?とやらがあるうちは

海外旅行なんて夢のまた夢…

1ドル360円時代と同じくらいむずかしい…

 

小学校入学前で髪伸び放題の長男泣き笑い

 

あれ、買い物は行っていいの?

実家には行っていいの?

お友達と会っていいの?

普通な事するのにもいちいち自問自答。

小さな罪悪感。

 

そんなの気にする事ない。

 

もちろんそう思うけど。

田舎に住んでて閉鎖的なところと、

本来マジメな自分と、

同調圧力に屈しまくりな自分。

 

習い事の発表会も中止、延期、オンライン~に変更。

『臨機応変』でいたいけど気持ちが追いつかない泣き笑い

 

なんか楽しみなイベントの予定があったとしても、

はい、どうせ中止になるんでしょ。

とあきらめモードは約2年でしみしみオデンくらい

自分自身に染みてる。

 

 

2年前はロングヘアーじゃないですか泣き笑い

こんな気色悪いポーズがとれるのも海外旅行でしか味わえない

解放感だねやしの木

 

「あきらめモード」でいいのか?

2022年始まったばかりで。

と最近反省していて。

過度な期待をしないでフラットになんかクスクス笑える事

をまず探そうな2022年2月です。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性サーファーへ